ワインを通販会社を通して海外から購入しました

欲しい商品をリクエストすれば代理で輸入販売しているECサイトを知りました

自分で海外から個人で取り寄せることもしましたが、郵送費と保険料、そして関税と酒税が掛るのでオーストラリアで500円程度の物が12本個人で輸入すると1本あたり3,000円近くなってしまったので、1回限りで止めてしまいしました。
フランスやイタリア、南米のチリそしてカリフォルニアの物はネット通販でかなりの種類が安く売られていますので、海外から購入するのは通販を使うのが一番良いのですが、本当に自分が気に入ったものが購入出来るのかどのような種類が購入出来るのか、本屋やネットで調べて見ましたが価格が安い物は原産国からタンクで輸入して日本で瓶詰めされている物も有ることも知り、酸化防止剤が使われている物もありましたが普段家で飲むには問題無く美味しいので、マニアのクセが出なければ、日本でも海外の美味しいものが購入出来ます。
本当に欲しいワインが有る場合は、海外出張や家族旅行の時に現地のリカーショップで購入しますが出張へ行くのがヨーロッパやオセアニアではなく、東南アジアそれもベトナムやタイ、カンボジアが多いので空港か免税ショップでしか購入出来なので、税金がかからない分安く購入出来ますが銘柄は日本でも購入出来るものばかりで、マニアとしては魅力に欠けてしまいます。
自分が飲みたい、飲んで見たいものが通販で購入出来る会社は無いのか探している時に欲しい商品をリクエストすれば代理で輸入販売しているECサイトを知りました。
このECサイトはお酒だけでなく、どのような商品でも個人輸入の代理を行なってる会社でアメリカ、ヨーロッパからオセアニア、南米までほとんどの国から輸入代行を行なっている会社です。
試しにオーストラリアで飲んでいた現地で1,000円位の商品を12本頼んで見ましたが、価格は1本辺り2,000円位で関税、酒税と輸送費が込みの値段なので自分で個人輸入するよりかなり安く、そして簡単に手に入れることがわかりました。

オーストラリアでは食事の時にワインを飲むことが多い | 欲しい商品をリクエストすれば代理で輸入販売しているECサイトを知りました | サラリーマンは手を出してはいけない趣味だと同僚から言われた