ワインを通販会社を通して海外から購入しました

オーストラリアでは食事の時にワインを飲むことが多い

今から10年位前に仕事でオーストラリアに転勤していましたが、その時にオーストラリアでは食事の時にワインを飲むことが多く、それまでビールを飲むことが多かった私も飲むようになりました。
白、赤、スパーリングといろいろ飲みました、その時に美味しさと種類の多さや土地やぶどうによる味や香りの違いを少し知ることが出来たと感じています。
ヨーロッパのフランスやイタリア、スペインのワインにも興味を持ち飲んで見たかったのでそのころ転勤先だったオーストラリアのブリスベンにあるリカーショップで各国のワインを購入して飲みましたが、国ごとに全く違うこと値段が高ければ、良い物が入手出来ること、南米にも良い物があることなどを知り1本オーストラリアドルで10ドルから高いものだとフランスのボルドー産の300ドルを超える物まで購入し専用のセラーも購入して素人からマニアの仲間入りになっている自分に気付きました。
マニアになるまでは、3年位で当時はお店だけでなくオークションや知り合いになったマニアから譲り受けたりバケーションの時にスペインに行き、現地で購入もしたことが有ります。
日本に戻ってから、普段飲んでいたオーストラリア産が欲しくなりリカーショップやデパートなどで探しましたが見当たらず、同じ産地の商品をネットの通販で購入しましたが、満足出来る物は有りませんでした。

万歳‼️
買えなかったYOSHIKI WINEの白、購入しました。
😄
実は、ビックカメラの会員になってるので、「再入荷しました。
」と、📩が来ました。
😄
通販なのですが、注文して、直ぐ、白は売り切れました。
😞
※前回、買った赤と並べてみました。
😄 pic.twitter.com/sCHjGlk6c0

— みえちょんぱ(美江さん) (@2uvwXBcE9YVxYqD) 2019年9月27日

オーストラリアでは食事の時にワインを飲むことが多い | 欲しい商品をリクエストすれば代理で輸入販売しているECサイトを知りました | サラリーマンは手を出してはいけない趣味だと同僚から言われた